2024年熊本県八代市産地研修 製織体験編

ブログをご覧いだだきありがとうございます。

2月8日から10日まで
日本一のい草の産地である
熊本県八代市へ産地研修へ行ってきました。

最終日は畳表の製織体験です。
実際に織機を動かして
畳表ができるまでの工程を学びます。

お世話になっている産地問屋「平住産業」さん主催の
産地研修会で
北は北海道から南は地元熊本県の畳店さんまで
高い志を持った畳店さんが
集まりました。

画像の説明

今回お世話になった農家さんは
中田守さんです。
同世代の若い農家さんです。

画像の説明

次男同士が同じ2年生で
「おとうさんのあとつぎができますように」
という願い事を書いたという
ほっこりするエピソードも聞けました!

画像の説明

とても大きく立派でキレイに整頓された作業場で
織機が6台も並んでおり
昔現職の総理大臣が視察に来たことがあると
お聞きしました。

画像の説明

い草を織る前に適度に水分を与えるため
加湿する作業を終えて織る準備ができたい草の原草です。

この加湿が畳表の出来栄えに影響する
非常に重要な作業との事です。

加湿が少ないとい草が切れる原因になったり
機械の調子にも影響が出るし
加湿が多いとい草の色合いが悪くなってしまうそうです。

その日の気温や湿度によって
加湿の割合を変えなくてはならず
とても重要な作業です。

さらに織る直前に適度な
水分を加えます。

画像の説明

さらに折れたり色の悪いい草を
広げて取り除き織機にい草を
セットしていきます。

画像の説明

実際に作業を体験させて頂きました。
今回2回目となるのですが
なかなかうまくできません。

画像の説明

い草の端の要らない部分を
カットする作業です。
とても切れます!

画像の説明

画像の説明

中田さんの田んぼにも
お邪魔しました。

い草を育てる上でのこだわりや
より質の良いい草を育てるには
どうしたらいいのか?
必死に勉強している努力が
ひしひしと伝わってきました!

画像の説明

最後に一緒に写真をとって頂きました。

画像の説明

今回は貴重な同世代の若い農家さんと
交流ができ充実した時間が過ごせました。

い草農家さんの減少がかなり進んでおり
自分もかなりの危機感を抱いています。

そんな状況ではありますが
若い農家さんが頑張っている姿をみれたり
同世代の農家さんと交流ができ
色々とお話できることで
こちらもかなりのパワーを頂くことができます。

畳表を仕上げることは簡単な作業ではなく
長い時間と労力が必要になります。

この業界の未来のためにも
農家さんが丹精込めて織った畳表の
価値をしっかり伝えてより多くの熊本県産の畳表を
お客様に届けることで
今回の研修でお世話になった農家さんに
恩返しがしたいと思います。

今後もより良い品質の畳表を
お客様に届けられるように
努力していきます!

これからも高田畳店を
よろしくお願いします。

コメント


認証コード9638

コメントは管理者の承認後に表示されます。