半畳縁無し畳を四ツ井敷きにしてみました!

ブログをご覧いただきありがとうございます。

本日の納品は、宇都宮市の新築物件です。
樹脂を素材にした畳表の
半畳縁無し畳でカラーはリーフグリーンです。

半畳の縁無し畳だとほぼ市松敷きという
畳を交互に並べる敷き方が一般的です。

ですが今回は、お客様のご要望で
半畳をすべて同じ向きで並べる
四ツ井敷きという敷き方で納品しました。

画像の説明

画像の説明

画像の説明

四ツ井敷きは主に大広間やお寺などで
畳の数が多いお部屋で多用される敷き方で
畳の合わせ目が十文字になるように
敷く敷き方のことを言います。

もちろん通常の6畳間や8畳間でも
この敷き方を用いることがあり
特に半畳ではなく1畳サイズの縁無し畳の場合は
この敷き方をおすすめする場合もあります。

畳はお部屋のサイズに合わせて
いろいろな敷き方にすることが可能です。

ただし、一度四ツ井敷きやその他の敷き方で
敷いた場合は、違う敷き方に直すことは
難しいです。

なぜならその部屋のサイズに合わせて
作ってしまうからです。

敷き方を変えると畳1枚の寸法も大きく
変わってきてしまいます。

畳のサイズは1枚1枚サイズが違うので
同じ部屋でも場所を入れ替えることも
難しいんです。

同じ色や材料を使っても
畳の敷き方によって大きくお部屋の印象は
変わります。

こんな敷き方をしたいなど
ご相談いただければ対応できますので
その際は何でもご相談ください。

コメント


認証コード6329

コメントは管理者の承認後に表示されます。